研究業績

書籍(単著)

Hitomi Takemura, The International Human Right to Conscientious Objection to Military Service and Individual Duties to Disobey Manifestly Illegal Orders (Springer, 2008)

書籍等出版物

Hitomi Takemura, ‘Prosecutorial Discretion in International Criminal Justice: Between Fragmentation and Unification’, in Larissa van den Herik & Carsten Stahn (eds.), The Diversification and Fragmentation of International Criminal Law, Martinus Nijhoff Publishers, 2012, pp. 633-656

竹村仁美「犯罪者は逃げ得?ー逃亡犯罪人の引渡し」森川幸一、森肇志、岩月直樹、藤澤巌、北村朋史編 『国際法で世界がわかる―ニュースを読み解く32講』(岩波書店、2016年)pp. 126-136

Hitomi Takemura, ‘The Asian Region and the International Criminal Court‘, in Yumiko Nakanishi (ed.), Contemporary Issues in Human Rights Law: Europe and Asia, Springer, 2017, pp. 107-125.

学位論文

卒業論文
「国際組織犯罪とその対策における主権拡大、調整及び限界の研究――国際連合国際組織犯罪条約の規定を通じて――」東京外国語大学外国語学部、2001年

修士論文
「国際刑事法上の個人の刑事責任の限界――上官命令の抗弁と上官責任の法理の観点から――」一橋大学大学院法学研究科、2003年

博士論文
‘International Human Right to Conscientious Objection to Military Service and Individual Duties to Disobey Manifestly Illegal Orders’ the Irish Centre for Human Rights, National University of Ireland, Galway, 2008

論文

  • 「国際刑事法におけるJCE(Joint Criminal Enterprise)の概念(一)・(二・完)」一橋法学第6巻2号・3号(2007年7月・11月)pp.965-979; 1417-1435
  • ‘Big Fish and Small Fish Debate — An Examination of the Prosecutorial Discretion’ International Criminal Law Review, vol. 7, no. 4 (November2007) pp.677-685
  • 「国際法における武器対等の原則」九州国際大学法学論集第15巻2号(2008年12月)pp.127-184
  • 「日本と国際刑事裁判所における検察官の裁量」九州国際大学法学論集第15巻3号(2009年3月)pp.177-241
  • 「 国際刑事裁判所と普遍的管轄権」九州国際大学法学論集第17巻1号(2010年7月)pp.117-149
  • 「国際刑事裁判所規程検討会議の成果及び今後の課題」九州国際大学法学論集第17巻2号(2010年12月)pp.1-42
  • 「グローバルリスクと国際法―SPS協定を中心に―」九州国際大学法学論集第18巻第1・2合併号(2011年12月)pp. 35-68
  • ‘Reconsidering the Meaning and Actuality of the Legitimacy of the International Criminal Court’ Amsterdam Law Forum, vol. 4, no. 2 (May 2012) pp. 3-15
  • 「カンボジア特別法廷の現状と課題――国際刑事司法の正統性構築の視点から――」九州国際大学法学論集第18巻第3号(2012年3月)pp. 57-96
  • ‘In Search of a Workable Division of Labor between National and International
    Criminal Jurisdictions’ Frontiers of Law in China, vol. 7, no. 2 (June 2012) pp.225-243
  • 「レバノン特別法廷に関する国際刑事法上の諸論点」北九州市立大学法政論集第40巻4号(2013年3月)pp. 203−241
  • ‘Unmannned Aerial Vehicles: Humanization from International Humanitarian Law’, Wisconsin International Law Journal, vol. 32, no. 3 (2014) pp. 521-546.
  • 国際刑事裁判所に対する国家の協力義務の内容と法的基礎(一)」 愛知県立大学外国語学部紀要地域研究・国際学編第47号(2015年3月)pp. 235-271.
  • 国際刑事裁判所に対する国家の協力義務の内容と法的基礎(二・完)」愛知県立大学大学院国際文化研究科論集第16号(2015年3月)pp. 111-136.
  • 「国家元首等の外国刑事管轄権からの免除 : その輪郭と国際刑事管轄権との関係 」国際法外交雑誌第114巻3号(2015年11月)pp. 251-279
  • 「国際刑事裁判所規程制度の実効的実現のための訴追戦略と国家の義務」国際法研究第6号(2018年3月)pp. 21-45
  • 「人道に対する犯罪の法典化の系譜」法律時報第90巻10号(2018年9月)pp. 29-34

研究ノート・エッセイ

  • 「研究ノート ルワンダ国際刑事法廷の時間的管轄権」一橋法学第5巻2号(2006年7月)pp.691-705
  • ‘Disobeying Manifestly Illegal Orders’ Peace Review, vol. 18, no. 4 (December 2006) pp.533-541
  • ‘An Analysis of Legitimacy Discourses in International Criminal Justice through Comparative Research on the ICC and the ECCC’, 国際法外交雑誌第112巻第1号(2013年5月)pp.56-79
  • 「国際刑事裁判所の機能と課題」 歴史地理教育第837号 (2015年7月)pp.119-127

口頭発表

  • “Recent Trends in Prosecutorial Discretion and Forum Selection for International Criminal Justice” at the International Conference on “Regionalizing International Criminal Law” University of Canterbury, Christchurch, New Zealand, 20 August 2006
  • “Reopening the Big Fish Small Fish Debate – An Examination of the Prosecutorial Discretion of the Ad Hoc and Hybrid International Criminal Tribunals” at the Eighth Annual Student Conference 2007 on “International Criminal Accountability” University of Nottingham, Nottingham, the United Kingdom, 24 February 2007
  • “Rights and Duties of the Individual to disobey Manifestly Illegal Orders under International Law” at the International Conference on “War, Virtual War and Human Security” hosted by the Interdisciplinary-Net, Budapest, Hungary, 5 May 2007
  • “A Critical Analysis of Positive Complementarity” at the XVth International Congress of Social Defence, as a competitor for the Cesare Beccaria Award for Young Researchers, Toledo, Spain, 22 September 2007
  • “Rights and Duties of the Individual to Disobey Manifestly Illegal Orders under International Law” at Peace Movements in the Cold War and Beyond: An International Conference, London School of Economics, 31 January – 2 February 2008
  • 研究会報告:「国際法における武器対等の原則」九州国際大学現代法政研究会、於九州国際大学、2008年9月23日
  • “Impartiality and Prosecutorial Discretion in International Criminal Justice” at the 12th Biennial Joint Conference between Kyushu Association of International Law and Yongnam Society of International Law, Seinan Gakuin University, 28 March 2009
  • 研究会報告「日本と国際刑事裁判所における検察官の裁量」現代刑事法研究会、於九州国際大学、2009年8月1日
  • 学会報告:「国際刑事司法における検察官の裁量の意義と課題 -国際刑事裁判所を中心に-」国際法学会、2009年度(第112年次)秋季研究大会、於関西大学、2009年10月11日(第一回公募制施行報告)
  • “Prosecutorial Discretion before the International Criminal Court” at the Seminar of ‘Current Issues in International Criminal Trials: Law and Procedure’ funded by BK 21, Center for Research on the Legal System for International Litigation and Arbitration, Faculty of Law, Hanyang University, 18 December 2009
  • 分科会報告:「国際刑事裁判所と普遍的管轄権」第11ワークショップ「普遍的管轄権の課題と展望」、第88回日本刑法学会、於東北大学(2010年6月6日)
  • ‘Increasing Importance of Workable Division of Labour between National and International Criminal Jurisdictions’ funded by Oslo University, Conference: The Creation of International Law: An Exploration of Normative Innovation, Contextual Application, and Interpretation in a Time of Flux, Oslo, 6-7 August 2010
  • 部会報告:「国際刑事裁判所規定の改正――検討会議の成果及び今後の課題――」日本刑法学会九州部会、第106回例会、於九州大学、2010年10月30日
  • 研究会報告:「侵略犯罪の定義と管轄権行使条件」国際人権法学会ICCインタレストグループ研究会「――ICC検討会議の成果を検証する」国際人権法学会第21回大会、於明治大学、2010年11月14日
  • 学会報告:「国際刑事裁判所規程の改正――検討会議の成果及び今後の課題――」九州国際法学会第150回例会、於九州大学、2010年12月18日
  • シンポジウム報告「グローバルリスクと国際法」『続・法と社会リスク・シンポジウム』 九州国際大学社会文化研究所、於九州国際大学、2011年2月19日
  • 研究会報告:「日本と国際刑事裁判所における検察官の裁量」北九州判例事例研究会、於北九州市立大学、2011年3月4日
  • 学会報告:「カンボジア特別法廷の抱える課題――国際刑事司法の正統性構築の視点から――」九州法学会第116回学術大会、於宮崎産業経営大学、2011年6月26日
  • ‘In Search of a Workable Division of Labour between Universal and International Criminal Jurisdictions’ the 3rd Biennial Conference of the Asian Society of International Law, Beijing, China, 26 August 2011
  • ‘Reconsidering the Meaning and the Actuality of Legitimacy of the International Criminal Court’ 2012 International Conference on Law and Society, Honolulu, Hawaii, the United States of America, 5 June 2012
  • 学会報告:「国際刑事司法における正統性の意義の探究 ―カンボジア特別法廷と国際刑事裁判所を対象として―」九州国際法学会第156回例会、於西南学院大学、2012年7月7日
  • 研究会報告:「国家元首、政府高官の特権免除と侵略犯罪」侵略犯罪研究会、於海上自衛隊幹部学校、2012年7月29日
  • シンポジウム報告:’Exploring the Contours of the Legitimacy of International Criminal Justice — Focusing on the ICC and the ECCC’ The 2012 Joint Conference of JSIL and KSIL, Tokyo Big Sight, Japan, 6 October 2012
  • 「国際刑事司法における被害者参加・賠償の制度の現状―国際刑事裁判所、カンボジア特別法廷、レバノン特別法廷の制度の比較検討―」第28回現代刑事法研究会、湯河原商工会議所、2012年12月23日
  • 分科会報告:「共同犯罪企図(Joint Criminal Enterprise)概念とその争点」第11ワークショップ「国際刑事法の形成と国際刑事裁判所」、日本刑法学会第91回大会、於中央大学(2013年5月26日)
  • 研究会報告:「ICCの法的道具プロジェクトLegal Tools Projectの目的と方法」青山学院大学総合研究所2013年度=2014年度研究プロジェクト社会科学部門「国際刑事法の形成と日本の受容・発信に関する基礎研究」、於青山学院大学総研ビル(2013年6月12日)
  • 研究会報告「国家元首等の刑事管轄権免除―国際刑事裁判所、締約国、非締約国との関係」、侵略犯罪研究会、於大阪大学(2013年9月22日)
  • 学会分科会報告:「国家元首等の刑事管轄権免除─ 国際刑事裁判所、締約国、非締約国との関係─」国際法学会、2013年度(第116年次)研究大会、於静岡県コンベンションアーツセンター・グラン シップ、2013年10月14日(第一回パネル公募制度パネル公募分科会報告)
  • 研究会報告:「ICTYにおけるJCE理論の発展と問題点」国際人権法学会ICCインタレストグループ第5回研究会、於名古屋大学、2013 年11月24日
  • 学会例会報告:「国際刑事裁判所の10年―国際刑事裁判の実効性の指標の明確化―」九州国際法学会第162回例会、於西南学院大学、2013年12月14日
  • シンポジウム報告:’Unmanned Aerial Vehicles: Humanization from International Humanitarian Law’, the University of Wisconsin Law School, WILJ Annual Symposium, the United States of America, 4-5 April 2014
  • 研究会報告:「国際刑事裁判所に対する国家の協力義務の内容と法的基礎」愛知国際法小研究会、於南山大学名古屋キャンパス、2014年6月28日
  • シンポジウム報告:‘The History of the Defense of Superior Orders and Its Intersection with International Human Rights Law’, Historical Origins of International Criminal Law, the Imperial Hotel New Delhi, India, 29 November 2014
  • 学会例会報告:「国際刑事裁判所の実効性の確保と国家の協力義務」九州国際法学会第168回例会、於西南学院大学、2015年7月4日
  • 研究会報告:「国際刑事裁判所規程制度の実効的実現のための訴追戦略と国家の義務」第370回東大国際法研究会、於東京大学法学部3号館8階大会議室、2016年10月1日
  • 研究会報告:「ICC締約国会議の動向 手続証拠規則の改正と規程の改正」国際人権法学会ICCインタレストグループ、於法政大学ボアソナードタワー25階会議室B、2016 年11月13日
  • 学会例会報告:「2016年9月27日の国際刑事裁判所によるAhmad Al Faqi Al Mahdi事件第一審判決の概要と評価」九州国際法学会第174回例会、於西南学院大学学術研究所第1会議室、2016年12月17日
  • シンポジウム報告:’The Asian Region and the International Criminal Court’, EUSI Symposium ‘Human Rights Issues in Europe and Asia’, Hitostubashi Hall, Tokyo, Japan, 30 January 2017
  • 研究会報告: 「欧州人権裁判所のAl-Saadoon & Mufdhi対英国事件判決及び英国国内のAl-Saadoon & Others対英国国防大臣事件判決に対する国際人権法・国際人道法・国際刑事法的検討」第15回一橋EU法研究会、於一橋大学東キャンパス第3号館1階多目的室、2017年4月15日
  • 研究会報告:「国連国際法委員会(ILC)第69会期審議報告(共同報告)」外務省国際法研究会、於外務省会議室、2017年10月20日
  • 研究会報告:「国連国際法委員会第69会期における国際刑事法の法典化と漸進的発展の進捗と課題」、2017年度第1回国際人道法・刑事法研究会、於早稲田大学8号館2階219会議室、2017年12月17日
  • 小田レクチャー:’Inconvenient Truths about the Identification of Customary International Law in International Criminal Law’, 国際法学会、2018年度(第121年次)研究大会、於札幌コンベンションセンター、2018年9月4日
  • 研究会報告「ミャンマーの事態及びパレスチナの事態に関する法的論点」第1回国際刑事裁判所実務研究会、於外務省、2018年10月19日

判例評釈

  • 「オマル・ハサン・アフマド・アル・バシール(Mr. Omar Hassan Ahmed Al-Bashir)に対する検察官の逮捕状請求に関する決定」九州国際大学法学論集第16巻3号(2010年3月)pp.147-209
  • 「国際刑事裁判所検察官の自己の発意による捜査に対する予審裁判部の許可決定――ケニアの事態(国際刑事裁判所予審裁判部 2010年3月31日決定)」国際人権第22号(2011年)pp.168-170
  • 「国際刑事裁判所において初めて有罪の自認についての公判手続が実施され、世界遺産の破壊行為につき戦争犯罪の成立を認めた事例 The Prosecutor v. Ahmad Al Faqi Al Mahdi (2016年9月27日 国際刑事裁判所第一審裁判部判決及び刑の言渡し)」一橋法学第16巻2号(2017年7月)pp. 201-225
  • 「欧州人権裁判所のAl-Saadoon & Mufdhi対英国事件判決及び英国国内のAl-Saadoon & Others対英国国防大臣事件判決の概要と国際人権法上の諸論点」EU法研究第3号(2017年8月)pp. 73-104
  • 「シリアから逃れてきた者の難民該当性 東京地方裁判所平成30年3月20日判決」新・判例解説Watch (2018年10月12日掲載)

書評

翻訳(共訳)

  • 洪恵子・竹村仁美「クラウス・クレス著 ドイツと侵略犯罪」国際法外交雑誌第114巻2号(2015年8月)pp. 25-44

その他

  • 「ベルリンワークショップに参加して~ GYA の創設と課題~」学術の動向第15巻8号(2010年8月)pp.89-96
  • 竹村仁美・田中由浩「グローバルヤングアカデミー第一回総会に参加して」学術の動向第16巻10号(2011年10月)pp. 72-73
  • 竹村仁美「法社会学会世界大会・ホノルル大会への参加」法社会学会第77号(2012年)pp.247-250
  • 討論会の討論者、『上映会 ニュルンベルク裁判:現代への教訓』青山学院大学、2012年11月24日
  • 竹村仁美「第1回若手科学者サミットの開催」 学術の動向第21巻第9号(2016年9月)pp.73-74
  • 国際法委員会研究会「国連国際法委員会第69会期の審議概要」国際法外交雑誌第116巻4号(2018年1月)pp. 87(547)-128(588)
    (「国家責任に関する国家承継」、「おわりに」を分担執筆)

この投稿文は次の言語で読めます: 英語


© Hitomi Takemura