NEWS

国際法学会分科会報告

2013/10/10

今週末の10月12日から14日まで開催されます2013年度国際法学会の最終日14日の午後、パネル公募分科会A「国際刑事裁判所の 10年―一般国際法の発展に対する貢献―」におきまして、国家元首等の刑事管轄権からの免除とICC(国際刑事裁判所)の関係についてご報告させて頂きます。

会員の皆様には、このような貴重な機会を与えて下さいまして、誠にありがたく心よりお礼申し上げます。

また、報告に際しまして、侵略犯罪研究会メンバーの先生、実務家の方々には、ご高配を賜りましたこと、大変ありがたく、感謝致しております。当日もどうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、すでに国際人権法学会のHPでご案内の通り、2013年度国際人権法学会の2日目、11月24日のお昼にICCインタレストグループで、主に今年の日本刑法学会のワーキンググループでご報告致しました内容に基づき、JCEの法理の展開に関するご報告をさせて頂く予定です。

刑法学会のワーキンググループ時と同じく、ご一緒に亜細亜大学の後藤先生が、ICCにおける組織支配論の展開に関するご報告をなさいます。詳しくはflyerをご覧下さい。

この投稿文は次の言語で読めます: 英語


© Hitomi Takemura